光玄開廊25周年記念
神の手
岡部 嶺男
名品展

2022年7月2日から開催の「光玄開廊25周年記念 神の手 岡部 嶺男 名品展」のdm画像
青織部広口壺
H29.5cm
1964年作

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

光玄開廊25周年記念
神の手
岡部 嶺男 名品展

2022年7月2日(土)〜17日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[火・水 休廊]
アートサロン光玄は、1997年
7/8にオープンいたしました。
おかげさまで、ここに開廊25周年を迎える事が出来ました。
これも偏に多くの皆々様の温かいご支援の賜物と
心から深く感謝申し上げます。

その記念として、幅広い陶技を薬籠中にされ、
“神の手”とも称賛された不世出の傑出した陶芸家
岡部嶺男先生による志野・織部・青瓷を主に
名品展を開催させていただきます。
ぜひ、看過されることなく、ご高覧を賜りますよう
ご案内申し上げます。
2022年7月2日から開催の「光玄開廊25周年記念 神の手 岡部 嶺男 名品展」の作品画像1
岡部 嶺男

青織部広口壺

H29.5cm
1964年作

2022年7月2日から開催の「光玄開廊25周年記念 神の手 岡部 嶺男 名品展」の作品画像2
岡部 嶺男

灰釉瓶子

H30.0cm
1961年作

profile
昭和2年(1927) 8歳
加納から加藤と改姓。
昭和7年(1932) 13歳
愛知県立瀬戸窯業学校入学。
昭和9年(1934) 15歳
東春日井郡守山町小幡 (現、名古屋市守山区小幡) に転居。
昭和12年(1937) 18歳
瀬戸窯業学校卒業。
昭和13年(1938) 19歳
東京物理学校(現、東京理科大学) 入学。
学業のかたわら、頻回に帰省し作陶に励む。
昭和15年(1940) 21歳
12月、東京物理学校を中退、入営。 内蒙古部隊に入る。
昭和19年(1944) 25歳
夏、フィリピンへ転闘。
昭和20年(1945) 26歳
フィリピンにて米軍捕虜となる。
昭和22年(1947) 28歳
1月、復員。 愛知県西加茂郡猿投町平戸橋 (現、豊田市)に居を定める。
昭和24年(1949) 30歳
瀬戸の陶磁器貿易商・岡部家の四女辰子と結婚。
昭和25年(1950) 31歳
春、結婚式を行う。 夏、長男、辰男生まれる。 1週間後に死亡。 秋、日展に初出品。
昭和27年(1952) 33歳
2月27日、長女、麻美生まれる。
昭和28年(1953) 34歳
夏、小山冨士夫氏初めて来訪。11月2日、次女美喜生まれる。
昭和29年(1954) 35歳
秋、日展北斗賞 (青織部縄文壺)、受賞。縄文の作風を完成する。
昭和30年(1955) 36歳
東京日本橋丸善画廊にて個展。第1回日本陶磁協会賞を受賞するが辞退。
昭和31年(1957) 37歳
東京日本橋丸善画廊にて個展、縄文の大作12点を展示する。
昭和32年(1958) 38歳
日本工芸会会員となる。
昭和35年(1960) 41歳
春、肺結核発病。 永仁の壷事件起こる。
昭和38年(1963) 44歳
日本工芸会を脱会。この頃から青瓷の研究本格化する。 9月、 愛知県愛知郡日進町に転居。
昭和40年(1965) 46歳
粉青瓷砧完成。 12月、紺綬褒章を受章。
昭和42年(1967) 48歳
粉青瓷二重貫入完成。
昭和44年(1969) 50歳
3月、新宮殿正殿梅の間に粉青瓷大砧一対を納める。
9月、小山冨士夫氏と同行して台湾故宮博物院を見る。
昭和45年(1970) 51歳
窯変米色瓷完成。
昭和46年(1971) 52歳
東京日本橋高島屋にて回顧展。
昭和53年(1978) 59歳
7月23日、 脳出血で入院。 加藤から岡部へ改姓。
昭和56年(1981) 62歳
日本経済新聞主催で日本橋高島屋、松坂屋本店 (名古屋) にて回顧展。
平成1年 (1989) 69歳
松坂屋本店にて再起新作展。
平成2年(1990)
9月4日、死去。 自宅にてベートーベン作曲、弦楽4重奏作品132による音楽葬。

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 岡部 嶺男 の企画展
2022.7.2〜2022.7.17
光玄開廊25周年記念 神の手 岡部 嶺男 名品展
2019.12.14〜2019.12.22
酒觴 展
2019.10.5〜2019.10.27
生誕100年 神の手 嶺男展
2018.12.15〜2018.12.24
酒觴 展
2018.7.7〜2018.7.20
陶・工芸家の書画と作品展
2018.2.10〜2018.2.25
絵画・陶工芸 逸品展
2017.12.16〜2017.12.24
新春を愉悦する 酒器
2017.9.16〜2017.10.1
岡部 嶺男 展
2017.4.15〜2017.4.28
絵画・陶工芸展
2017.2.11〜2017.2.26
名盌・逸盌 20選展
2016.11.26〜2016.12.11
夜宴の彩り 酒觴 展
2015.4.11〜2015.4.26
陶都 瀬戸が生んだ両雄 岡部 嶺男・河本 五郎 展(岡部 嶺男 展)
2010.9.17〜2010.9.26
時空を超える 河本五郎の魔力 Part2 五郎と岡部嶺男
2009.7.10〜2009.7.26
板谷 波山・岡部 嶺男・加守田 章二 神品の創造主
2008.6.5〜2008.6.15
美の創造に命を燃焼し尽くした 陶の燦人展 岡部 嶺男 加守田 章二 八木 一夫
2007.2.1〜2007.3.4
神の手・嶺男展
2005.3.10〜2005.3.20
不世出の天才陶芸家 岡部 嶺男 加守田 章二 展

寺田 鉄平 陶展

2022年6月11日から開催の「寺田 鉄平 陶展」のdm画像

DESIGN / 牧野 明美

寺田 鉄平 陶展

2022年6月11日(土)〜6月19日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[会期中無休]
作家在廊日 [6/11・12・18・19]
7年ぶりとなる
光玄さんでの展覧会です。
〝寺田鉄平の織部〟をテーマに
挑みました。
窯変によって青や赤へと
変貌する織部を
ご高覧頂きたく存じます。

寺田 鉄平
2022年6月11日から開催の「寺田 鉄平 陶展」の作品画像

profile
1975年
瀬戸市赤津に生まれる
1998年
東京造形大学彫刻科を卒業
2009年
京畿道世界陶芸ビエンナーレ(韓国) 入選
2011年
第9回国際陶磁器展美濃 入選(多治見市)
第13回東京・ニューヨーク姉妹都市交流陶芸コンテスト 佳作(ニューヨーク)
2012〜2021年 個展(銀座 黒田陶苑)
2015・2020年 『メイド・イン・愛知 工芸の架け橋』古川美術館・名古屋
2018年
オーストリア陶芸祭(グムンデン市) 招待展示
2021年
個展 日本橋三越

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 寺田 鉄平 の企画展
2022.6.11〜2022.6.19
寺田 鉄平 陶展
2015.9.12〜2015.9.20
織部の息吹 寺田 鉄平 陶展

八事窯
五代 中村 道年 展

2022年5月21日から開催の「八事窯 五代 中村 道年 展」のdm画像
陶漆麦器 H11.5×7.0

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

八事窯

五代
中村 道年 展

2022年5月21日(土)〜5月29日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[会期中無休]
この度、初代京都より
名古屋《八事窯》を築かれて以来
現在五代目に至り 独自の楽焼を
追求されておられます。
名古屋の楽焼 五代 中村道年先生は
光玄での初登場でございます。
是非、五代の個性豊かな世界感を
ご高覧頂けましたら
幸でございます。
2022年5月21日から開催の「八事窯 五代 中村 道年 展」の作品画像
五代 中村 道年

陶漆麦器

H11.5×7.0

profile
2001年
長男直之五代目道年襲名

2022年5月21日から開催の「八事窯 五代 中村 道年 展」の八事窯入り口の画像

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 五代目
中村 道年 の企画展
2022.5.21〜2022.5.29
八事窯 五代 中村 道年 展

世界の巨匠
長谷川 潔 ・ 浜口 陽三
銅版画展

2022年4月9日から開催の「世界の巨匠 長谷川 潔 ・ 浜口 陽三 銅版画展」のdm画像

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

世界の巨匠

長谷川 潔 ・ 浜口 陽三
銅版画展

2022年4月9日(土)〜4月24日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[火・水]
長谷川先生は、長らく途絶えていた、
マニエール・ノアール(黒の技法)を
独自の技法で再興、
高く評価され1972年にはフランス国立貨幣鋳造局が
日本人画家として 3人目の
肖像メダルを新規発行という栄誉に。

一方 浜口先生は 多色版
いわゆるカラーメゾチントを開発し
第1回クラコウ国際版画ビエンナーレ
(ポーランド)でグランプリに、
更にその後 第4回同展でも
グランプリに輝く素晴らしいご活躍ぶりでした。

今展は、日本の巨匠、
否、世界の巨匠として
ふさわしい内容、
代表作を含む逸品ばかり約25点での二人展です。
是非 ご覧くださいますよう ご案内申し上げます。
2022年4月9日から開催の「世界の巨匠 長谷川 潔 ・ 浜口 陽三 銅版画展」の長谷川 潔の作品画像
長谷川 潔

植木鉢のパンジー

1937
16.5×12.6
銅版画専門誌
エッチング
87号表紙絵

長谷川 潔

profile
1891年
(明治24)横浜市に第一国立銀行横浜支店長・長谷川一彦の長男として生まれる
1912年
(明治45)本郷洋画研究所に入り、
岡田三郎助と藤島武二から油絵を習う
バーナード・リーチに出会い、エッチング技法を教わる
1918年
(大正7)第一次対戦終結により、
横浜からアメリカ経由でパリに向かう
1924年
(大正13)交差線の下地による
初期マニエール・ノワールの制作を始める
1935年
(昭和10)フランス政府よりレジョン・ドヌール勲章を授与される
1945年
(昭和20)独伊敗戦により、在留日本人として収容所に収監
1966年
(昭和41)フランス文化勲章を授与される
1972年
(昭和47)フランス国立貨幣賞牌鋳造局が葛飾北斎、藤田嗣治についで三人目の日本人画家として肖像メダルを鋳造発行する
1980年
(昭和55)京都国立近代美術館で個展開催 12月13日逝去 享年89歳

2022年4月9日から開催の「世界の巨匠 長谷川 潔 ・ 浜口 陽三 銅版画展」の浜口 陽三の作品画像
浜口 陽三

西瓜

1955
8.6×13.5
3/50 ED.50

浜口 陽三

profile
1909 - 2000(明治42 - 平成12)享年91才
明治42年
和歌山県生まれ
昭和3年
東京芸術大学彫刻科 入学
昭和5年
東京芸術大学彫刻科 中退
昭和24年
洋画家森芳雄宅に下宿 南桂子と知り合う
昭和29年
パリにて制作
昭和56年
パリからサンフランシスコに移る
平成8年
帰国、東京都港区に住む

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 長谷川 潔 の企画展
2022.4.9〜2022.4.24
世界の巨匠 長谷川 潔 ・ 浜口 陽三 銅版画展
2021.1.15〜2021.1.31
新春におくる 版画 芸術展
2020.7.10〜2020.7.26
世界の巨匠 長谷川 潔 銅版画展
2019.7.6〜2019.7.21
銅版画の燦人
2018.10.6〜2018.10.21
銅版画のメチエ


光玄での 浜口 陽三 の企画展
2022.4.9〜2022.4.24
世界の巨匠 長谷川 潔 ・ 浜口 陽三 銅版画展
2021.1.15〜2021.1.31
新春におくる 版画 芸術展
2020.2.14〜2020.3.1
浜口 陽三 & 南 桂子 銅版画展
2019.7.6〜2019.7.21
銅版画の燦人
2018.10.6〜2018.10.21
銅版画のメチエ

— 時空を超える —
没後35年
河本 五郎 展

2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」のdm画像
染付歌垣文四方鉢 H5.5×35.0×33.0

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

— 時空を超える —
没後35年

河本 五郎 展

2022年3月12日(土)〜3月27日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[火・水]
今回展示させていただきます作品は
昨年他界いたしました母が手元に置いて居りました物です
今の世の中、父の作品の世界で少しでも心を癒して
頂けましたら幸いに思います

河本 亜理
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品1正面斜め上からの写真

profile
1919年
(大正8)3月15日 瀬戸市の製陶業 柴田重五郎の次男として生まれる
1936年
(昭和11)愛知県窯業学校卒業後、京都国立陶磁器試験所 意匠部に入所
1950年
(昭和25)染付陶芸家 河本礫亭家の養嗣子となる
1953年
(昭和28)朝日現代陶芸展 最高賞受賞
1958年
(昭和33)ブリュッセル万国博覧会 グランプリ受賞
1962年
(昭和37)第1回日本現代工芸美術展 大賞受賞
1986年
(昭和61)3月23日逝去、享年67歳 同日勲四等瑞實賞を授与される
1988年
(昭和63)染付・色絵の鬼才「追悼 河本五郎展」名古屋松坂屋本店/主催 中日新聞社
2009年
(平成21)生誕90年河本五郎展 愛知県陶磁資料館/現・愛知県陶磁美術館
陶の異端児、磁の鬼才とも称賛された五郎先生。
今もなお異彩を放ち陶芸ファンを魅了。
将に時空を超える陶芸家なのです。

2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品1正面上からの写真
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品1斜めからの写真
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品1斜め上からの写真1
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品1斜め上からの写真2
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品2斜めからの写真
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品2正面の写真
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品3正面からの写真
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品3台あり正面斜め上からの写真
2022年3月12日から開催の「— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展」の河本 五郎の作品3台あり正面からの写真

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 河本 五郎 の企画展
2022.3.12〜2022.3.27
— 時空を超える — 没後35年 河本 五郎 展
2019.12.14〜2019.12.22
酒觴 展
2019.11.30〜2019.12.8
“紙つぶて”刊行記念 河本 五郎 作品展
2019.3.2〜2019.3.24
生誕100年 時空を超える〈1919-1986〉 河本 五郎 展
2018.12.15〜2018.12.24
酒觴 展
2018.7.7〜2018.7.20
陶・工芸家の書画と作品展
2018.2.10〜2018.2.25
絵画・陶工芸 逸品展
2017.12.16〜2017.12.24
新春を愉悦する 酒器
2017.11.25〜2017.12.10
創作に身命を懸けた燦人 河本 五郎・加守田 章二・栗木 達介 展
2017.4.15〜2017.4.28
絵画・陶工芸展
2016.11.26〜2016.12.11
夜宴の彩り 酒觴 展
2016.7.16〜2016.7.24
時空を超える 没後30年(1919-1986) 河本 五郎 展 Part-II 磁の鬼才
2015.12.5〜2015.12.28
創作陶芸の白眉 河本 五郎 加守田 章二 展
2015.5.16〜2015.5.31
陶都 瀬戸が生んだ両雄 岡部 嶺男・河本 五郎 展(河本 五郎 展)
2011.2.18〜2011.3.6
没後25年 河本 五郎 展
2010.9.17〜2010.9.26
時空を超える 河本五郎の魔力 Part2 五郎と岡部嶺男
2010.8.27〜2010.9.12
時空を超える 河本五郎の魔力 Part1 五郎と八木一夫
2009.5.19〜2009.5.31
時空を超える 河本 五郎 展
2007.3.15〜2007.3.25
河本 五郎・太郎 展
2006.3.23〜2006.4.2
没後20年 河本 五郎 展

浅野 弥衛 展

2022年2月19日から開催の「浅野 弥衛 展」のdm画像

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

浅野 弥衛 展

2022年2月19日(土)〜3月6日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[火・水]
油彩、鉛筆、パステル などによる抽象画を中心に約20点を展観。
浅野弥衛先生ならではの独自の世界をご堪能下さい。
2022年2月19日から開催の「浅野 弥衛 展」の浅野 弥衛の作品
2022年2月19日から開催の「浅野 弥衛 展」の浅野 弥衛の作品

profile
1914年
(大正3) 三重県鈴鹿市神戸町に生まれる
1932年
(昭和7) 神戸中学校卒業・卒業後召集され満州にわたる
1939年
(昭和14) 中国から帰国 野田理一に勧められ美術創作家協会に初出品
1957年
(昭和32) この頃から「引っかき」をはじめる
1985年
(昭和60) 昭和59年度 名古屋市芸術賞 特賞を受賞
1987年
(昭和62) 愛知県立芸術大学客員教授となる(〜1990)
1991年
(平成3) 三重県民功労賞受賞
1996年
(平成8) 1月 浅野弥衛展(三重県立美術館)
     2月22日 逝去 81才
2005年
(平成17) 没後10年 浅野弥衛展(アートサロン光玄)
2007年
(平成19) 浅野弥衛展(アートサロン光玄)
2011年
(平成23) 没後15年 浅野弥衛展(アートサロン光玄)
2016年
(平成28) 没後20年 浅野弥衛展(アートサロン光玄)
2022年
(令和4) 浅野弥衛展(アートサロン光玄)

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 浅野 弥衛 の企画展
2022.2.19〜2022.3.6
浅野 弥衛 展
2016.9.24〜2016.10.2
浅野 弥衛 抽象画展
2011.3.18〜2011.4.3
没後15年 浅野 弥衛 展
2007.9.6〜2007.9.16
浅野 弥衛 展 —油彩・パステル・版画—

日本画 游悠友
橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展

2022年1月15日から開催の「日本画 游悠友 橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展」のdm画像

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

日本画 游悠友
橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展

2022年1月15日(土)〜1月30日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[火・水]
40年程前、三人で厳冬期の上高地
氷点下20℃のテントでの
取材に行って以来、
苦しい時も悲しいときも笑顔で支え合っています。
日本各地、中国に3度、最近では
琵琶湖の竹生島でも色々ありましたが
全て楽しい思い出です。
この度、光玄さんに親友三人の発表の場をいただきました。
どうぞ御高覧賜りますよう宜しくお願い致します。

加藤 厚
2022年1月15日から開催の「日本画 游悠友 橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展」の橘 泰司の作品
橘 泰司

名古屋城夕景

8号

橘 泰司

profile
1960年
(昭和35) 愛知県生まれ
1985年
(昭和60) 愛知県立芸術大学大学院修了
2013年
(平成25) アートサロン光玄 初個展
2014年
(平成26) アートサロン光玄 個展
2016年
(平成28) アートサロン光玄 個展
2017年
(平成29) アートサロン光玄 個展
2018年
(平成30) アートサロン光玄 個展
名古屋城本丸御殿障壁画復元模写 (平成5年~令和元年)

2022年1月15日から開催の「日本画 游悠友 橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展」の田内 公望の作品
田内 公望

游雲

6号

田内 公望

profile
1958年
(昭和33) 名古屋市生まれ
1977年
(昭和52) 愛知県立旭丘高等学校美術科卒業
1981年
(昭和56) 多摩美術大学絵画科油絵専攻卒業
第8回創画展に初出品 初入選 以後出品
1985年
(昭和60) 第11回京都春季創画展 春季展賞 (1986, ’96)
現在
創画会准会員 風景の会会員 ポンデザール会員
愛知県立東郷高校 再任用教諭
名古屋造形大学 非常勤講師

2022年1月15日から開催の「日本画 游悠友 橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展」の加藤 厚の作品
加藤 厚

悠久

8号

加藤 厚

profile
1957年
(昭和32) 愛知県半田市生まれ
1984年
(昭和59) 愛知県立芸術大学大学院修了
1998年
(平成10) 東京池袋 東武百貨店 個展
2005年
(平成17) 松坂屋 個展 (名古屋本店・銀座店)
2008年
(平成20) アートサロン光玄 個展 (2010, ’12)
2014年
(平成26) 春の院展 奨励賞 (2015, ’17)
2021年
(令和3) 再興第106回院展
日本美術院賞 大観賞
東京都知事賞
日本美術院 特待推挙

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 橘 泰司 の企画展
2022.1.15〜2022.1.30
日本画 游悠友 橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展
2018.10.27〜2018.11.11
橘 泰司 日本画展
2017.1.14〜2017.1.29
橘 泰司 日本画展
2016.1.16〜2016.1.31
丙申 橘 泰司 日本画展
2014.1.11〜2014.1.26
甲午 橘 泰司 展
2013.1.11〜2013.1.27
癸巳 橘 泰司 日本画展


光玄での 田内 公望 の企画展
2022.1.15〜2022.1.30
日本画 游悠友 橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展


光玄での 加藤 厚 の企画展
2022.1.15〜2022.1.30
日本画 游悠友 橘 泰司・田内 公望・加藤 厚 展
2012.10.5〜2012.10.14
加藤 厚 日本画展
2010.10.1〜2010.10.17
加藤 厚 日本画展
2008.10.9〜2008.10.19
身近な小動物たち 日本画 加藤 厚 展