— 丹阿弥 丹波子を中心に —
銅版画の系譜

2021年12月10日から開催の「— 丹阿弥 丹波子を中心に — 銅版画の系譜」のdm画像

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

— 丹阿弥 丹波子を中心に —

銅版画の系譜

2021年12月10日(金)〜12月19日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[会期中無休]
・長谷川 潔 ・駒井 哲郎 ・中林 忠良
・渡辺 達定 ・浜口 陽三 ・深沢 幸雄
(順不同)
2021年12月10日から開催の「— 丹阿弥 丹波子を中心に — 銅版画の系譜」の作品画像

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 丹阿弥丹波子 の企画展
2021.12.10〜2021.12.19
— 丹阿弥 丹波子を中心に — 銅版画の系譜
2018.10.6〜2018.10.21
銅版画のメチエ

織りなすカタチ
宇賀 和子 陶展

2021年12月2日から開催の「織りなすカタチ 宇賀 和子 陶展」のdm画像

織りなすカタチ

宇賀 和子 陶展

2021年12月2日(木)〜12月5日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[会期中無休]
宇賀和子の器で料理を楽しむ会

料理人:青木かずこ

ランチ
12/2(木) 12:30〜
3,000円

ディナー
12/3(金)・5(日) 18:00〜
6,000円

会場:KOKO(アートサロン光玄隣)

カタチとカタチ、色とカタチ、器と料理
それぞれが影響し合い織りなす世界を
表現できたらと思います。

profile
千葉県生まれ
1987年
武蔵野美術大学工芸工業学科卒業
2006年
出石磁器トリエンナーレ 優秀賞
2007年
朝日現代クラフト展 奨励賞
2008年
台湾国際陶芸ビエンナーレ審査員賞
チェコ、インド、スペイン、韓国、コロンビア などでワークショップ
常滑の工房にて制作活動中

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 宇賀 和子 の企画展
2021.12.2〜2021.12.5
織りなすカタチ 宇賀 和子 陶展
2020.8.28〜2020.8.31
イロトカタチデアソブ 宇賀 和子 陶展

光藤 佐 陶展

2021年11月19日から開催の「光藤 佐 陶展」のdm画像

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

光藤 佐 陶展

2021年11月19日(金)〜11月28日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[会期中無休]
作家在廊予定日 [11/19・20]
兵庫県朝来市に薪窯を築き作陶の光藤氏、
東京など各地で個展を中心に活躍。
名古屋では今回 光玄での初登場です。
幅広い陶技による “器たち” が画廊に並びます。
新しい出会いを楽しみに是非お出かけ下さい。
お待ちしております。
2021年11月19日から開催の「光藤 佐 陶展」の作品

profile
1962年
兵庫県生まれ
1986年
京都精華大学美術学部卒業
1989年
兵庫県養父市にて独立
2004年
兵庫県朝来市に移り穴窯を築く
1989年頃から各地個展中心に活動

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 光藤 佐 の企画展
2021.11.19〜2021.11.28
光藤 佐 陶展

私の庭
牧野 環 日本画展

2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」のdm画像
雲に架け橋 8号

DESIGN / 牧野 明美

私の庭

牧野 環 日本画展

2021年10月22日(金)〜11月7日(日)

11:00 – 18:00 休廊日[月・火]
作家在廊日 [10/24・30・31]
アートサロン光玄での二度目の個展です。
旅を通して喜怒哀楽は、しばらく我慢が続きますが
素敵なこの場所を“私の庭”に見立てて遊ばせてもらおうと思っています。
このような時下ではございますが、お運び頂ければ幸いです。

牧野 環
2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」の作品「雲に架け橋 8号」
雲に架け橋

8号

2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」の作品「森月夜 50F」
森月夜

50F

2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」の作品「焔の朝 6号」
焔の朝

6号

2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」の作品「月小橋 8号」
月小橋

8号

2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」の作品「渡り蟹 4号」
渡り蟹

4号

2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」の作品「泪 12号」

12号

2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」の作品「朝漕 6号」
朝漕

6号

2021年10月22日から開催の「私の庭 牧野 環 日本画展」の作品「水牛 6F」
水牛

6F

profile
1974年
愛知県幡豆郡(現・西尾市)吉良町に生まれる
1999年
愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業
再興84回院展に初入選(以後7回)
2001年
愛知県立芸術大学大学院
美術研究科目日本画専攻修了
56回春の院展に初入選(以後4回)
2002年
雪舟の里総社墨彩画公募展 雪舟大賞受賞
2004年
愛知県立芸術大学に非常勤講師
2015年
再興第100回院展 奨励賞受賞
2016年
第71回春の院展 奨励賞受賞
2017年
日経ファミリーカレンダー挿画を担当
2021年
再興第106回院展 奨励賞受賞
現在
日本美術院 院友
片岡 球子 松村 公嗣

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 牧野 環 の企画展
2021.10.22〜2021.11.7
私の庭 牧野 環 日本画展
2009.1.10〜2009.1.25
使命 日本画 牧野 環 展

鷹尾 葉子 展

2021年10月8日から開催の「鷹尾 葉子 展」のdm画像

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

鷹尾 葉子 展

2021年10月8日(金)〜17日(日)

11:00 – 18:00 [会期中無休]

作家在廊…10月8日(金)・10月9日(土)
ますます、ご活躍の葉子さん
2019年に続き2回目の登場です。
センス溢れる作品の数々を展示致します。
ご覧いただければ幸いです。
2021年10月8日から開催の「鷹尾 葉子 展」の作品画像1
2021年10月8日から開催の「鷹尾 葉子 展」の作品画像2
2021年10月8日から開催の「鷹尾 葉子 展」の作品画像3

profile
東京都中野区生まれ
多摩美術大学油画科中退
1989年
府中市に築窯
1996年
神奈川県藤野町に築窯
2004年
府中市に築窯
1990年
京都美術工芸展優秀賞受賞
1992年
朝日現代クラフト展優秀賞受賞
2008年
NHK BS器夢工房
1990年頃から各地で個展を中心に活動

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 鷹尾 葉子 の企画展
2021.10.8〜2021.10.17
鷹尾 葉子 展
2019.4.20〜2019.4.28
鷹尾 葉子 展

加藤 巧 陶展

2021年9月10日から開催の「加藤 巧 陶展」のdm画像
白化粧 大鉢
径37.4×H22

PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

加藤 巧 陶展

2021年9月10日(金)〜20日(月祝)

11:00 – 18:00 [会期中無休]
加藤 巧さんは陶都・瀬戸に在って
幼少期から土と親しむ環境で育ち、
古陶や古い道具にも
深い関心を持ち続けていた事が
現在の造形思考につながっていると思われます。
近年はアートピースに意識が高まるも、
生活に必要な食器も制作されています。
今回出品の白釉、
白黒の碗、湯呑などにある
絶妙な手取り感・触感を是非味わってみて下さい。
お出かけをお待ちしております。
2021年9月10日から開催の「加藤 巧 陶展」の画像1
2021年9月10日から開催の「加藤 巧 陶展」の画像2

profile
愛知県瀬戸市生まれ
主な個展
2008〜2020 GALERIE D’IMAGE 刈谷・愛知
2011〜2013 いそがや i・スペース 東京
2013〜2021 ギャラリー佐野 静岡
2014年
t-gallery 東京
2015/2017 SHUMOKU GALLERY 名古屋
2016年
アートサロン光玄
2017年
橋本美術 名古屋
2018年
gufo 名古屋
2021年
アートサロン光玄
出品
2015年
ART NAGOYA 2015
2017年
ART in PARK HOTEL TOKYO 2017
2018年
ART FAIR TOKYO、ART OSAKA 2018
public collection
豊田市民藝館

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 加藤 巧 の企画展
2021.9.10〜2021.9.20
加藤 巧 陶展
2019.12.14〜2019.12.22
酒觴 展
2018.12.15〜2018.12.24
酒觴 展
2017.12.16〜2017.12.24
新春を愉悦する 酒器
2016.3.5〜2016.3.13
加藤 巧 陶展

泉田 之也 陶展

2021年7月16日から開催の「泉田 之也 陶展」のDM画像
DESIGN / 牧野 明美

泉田 之也 陶展

2021年7月16日(金)〜7月25日(日)

11:00 – 18:00 [会期中無休]
作家在廊日 [7/16・17]

泉田 之也 の器で
青木 かず子 の料理をたのしむ会


7月17日(土)
ランチ 12:30〜
¥5,000円-

7月18日(日)
ディナー 18:00〜
¥8,000円-

場所 / koko(光玄となり)
要予約 / 下記お申込みボタンより

※状況により中止にさせて頂く場合も
ございますのでご了承ください。

お申込みはこちら

profile
1966年
(昭和41年)岩手県陸前高田市生まれ
1992年
(平成4年)小久慈焼窯元岳芳氏に師事
1995年
(平成7年)野田村にて作陶始める
日清食品現代陶芸「めん鉢大賞展」優秀賞
1998年
(平成10年)穴窯での焼成を始める
2000年
(平成12年)第38回朝日陶芸展 グランプリ受賞(第40回)
国内外の各地で個展開催など活躍中

2021年7月16日から開催の「泉田 之也 陶展」の作品画像1
2021年7月16日から開催の「泉田 之也 陶展」の作品画像2

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 泉田 之也 の企画展
2021.7.16〜2021.7.25
泉田 之也 陶展

ベルナール・ビュッフェ
版画展

2021年6月25日から開催の「ベルナール・ビュッフェ 版画展」のDM画像
PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

ベルナール・ビュッフェ
版画展

2021年6月25日(金)〜7月11日(日)

11:00 – 18:00 休廊日 [月・火]
ビュッフェは油彩画のみならず優れた版画も多く制作。
今回はその版画に的を絞り、
1960年代を主に昆虫、花、風景 など 約20点を展示。
ぜひ ご覧下さい。

ビュッフェの魅力は何といっても
線にあります
世界を切り裂くような鋭い線は
ビュッフェの
世界に対する絶望・怒りや告発に
満ちております

ビュッフェが戦時下のパリで目撃した光景は
凄惨と残酷におおわれたものでした

20才でパリ画壇に衝撃的なデビュー

日本では国立近代美術館<東京・京都>でのビュッフェ展に
長蛇の列を作ったのが
1963年(昭和38年)
– 初来日は1980年(昭和55年)-

加山又造をして
“スゲエー奴” とうならせた
ビュッフェの世界を版画を通して
その一端をご紹介(敬称略)
profile
1928年
フランスのパリに生まれる
1943年
パリ国立高等芸術学校に入学
1948年
パリで最も権威ある新人賞・批評家賞を受賞する
1971年
レジオン・ドヌール勲章を受章
1974年
アカデミー・フランセーズ会員
1999年
10月逝去 享年71歳
2021年6月25日から開催の「ベルナール・ビュッフェ 版画展」の作品画像1
2021年6月25日から開催の「ベルナール・ビュッフェ 版画展」の作品画像2
2021年6月25日から開催の「ベルナール・ビュッフェ 版画展」の作品画像3

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での ビュッフェ の企画展
2021.6.25〜2021.7.11
ベルナール・ビュッフェ 版画展
2021.1.15〜2021.1.31
新春におくる 版画 芸術展

北村 日出子
西洋骨董
見立てる愉しみ 展

2021年6月11日から開催の「北村 日出子 西洋骨董 見立てる愉しみ 展」のDM画像
北村 日出子
西洋骨董
見立てる愉しみ 展

2021年6月11日(金)〜6月20日(日)

11:00 – 18:00 休廊日 [6/14〜16]

アンティークグラスで味わう
イタリアン・ランチ

6月11日(金)、13日(日)、18日(金)
(6月13日は満席となりました)
12:00~
各回定員7名

参加費
8,500円(料理、グラスワイン、ミニセミナー付き)

講師
ワインエキスパート 須田淑恵

場所
ラ・リリアーナ(アートサロン光玄となり)

お申込みはこちら


状況により中止させて頂く場合もございますのでご了承下さい

ガラス、陶磁器、ジュエリーなど、
骨董編集人 北村のコレクションを、
和の「見立て」で、愉しみましょう。
profile
骨董編集人 北村日出子
コピーライター、プランナーの傍ら、30年間主にヨーロッパを行き来、西洋骨董に携わる。
東京、名古屋など、企画展や空間演出を通して身近な暮らしに溶け込む提案をしている。
2021年6月11日から開催の「北村 日出子 西洋骨董 見立てる愉しみ 展」の画像

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 北村 日出子 の企画展
2021.6.11〜2021.6.20
北村 日出子 西洋骨董 見立てる愉しみ 展

土と語る達人
加藤 清之
& 伊藤 慶二 展
— 茶碗とオブジェ —

2021年5月14日から開催の「土と語る達人 加藤 清之 & 伊藤 慶二 展」のDM画像
PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

土と語る達人

加藤 清之
& 伊藤 慶二 展
— 茶碗とオブジェ —

2021年5月14日(金)〜5月30日(日)

11:00 – 18:00 休廊日 [月・火]

対談
緊急事態宣言の延長により、やむを得ず中止とさせていただきます
5月23日(日) 15:00~

加藤 清之
×
伊藤 慶二
×
森 孝一

(美術評論家
日本陶磁協会・常任理事)

状況により中止させて頂く場合もございますのでご了承下さい

瀬戸・美濃(土岐市)に在って創作陶芸の第一人者として
ご活躍されているお二人の新作展。

陶の代名詞とも言える茶碗と実用性を問わない
オブジェなど 土の特質を存分に引き出しての造形力は
個性豊かで観る人を魅了して止みません。
ぜひご覧下さい。

加藤 清之

profile
1931年
愛知県瀬戸市に生まれる
1964年
朝日陶芸展大賞(65年)
1970年
日本陶磁協会賞受賞
2005年
造形の軌跡 加藤 清之展(愛知県陶磁美術館)
2007年
日本陶磁協会賞金賞受賞
朝日陶芸展審査委員長はじめ多くの公募展の審査員を務める

2021年5月14日から開催の「土と語る達人 加藤 清之 & 伊藤 慶二 展」の加藤 清之の作品1
2021年5月14日から開催の「土と語る達人 加藤 清之 & 伊藤 慶二 展」の加藤 清之の作品2


伊藤 慶二

profile
1935年
岐阜県土岐郡(現・土岐市)に生まれる
1958年
武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)卒業
国際陶芸アカデミー(IAC)会員
1960年
岐阜県陶磁器試験場デザイン室勤務(〜65年)
同試験場にて日根野作三に師事
1979年
クラフト展優秀賞受賞
2002年
東京国立近代美術館
岐阜県現代陶芸美術館
2004年
岐阜県美術館
2007年
東京オペラシティアートギャラリー
「円空大賞」円空賞受賞
2011年
岐阜県美術館
パラミタミュージアム
2012年
スペース・アルテマイスター
2017年
日本陶磁協会賞金賞受賞

2021年5月14日から開催の「土と語る達人 加藤 清之 & 伊藤 慶二 展」の伊藤 慶二の作品1
2021年5月14日から開催の「土と語る達人 加藤 清之 & 伊藤 慶二 展」の伊藤 慶二の作品2

*感染予防のためマスク着用・消毒にご協力お願い致します
光玄での 加藤 清之 の企画展
2021.5.14〜2021.5.30
土と語る達人 加藤 清之 & 伊藤 慶二 展
— 茶碗とオブジェ —
2019.12.14〜2019.12.22
酒觴 展
2018.12.15〜2018.12.24
酒觴 展
2018.11.23〜2018.12.9
加藤 清之 展
2017.12.16〜2017.12.24
新春を愉悦する 酒器
2016.11.26〜2016.12.11
夜宴の彩り 酒觴 展
2014.4.19〜2014.4.27
加藤 清之 陶展
2009.4.3〜2009.4.19
加藤清之の世界 しゃれmono
2007.1.7〜2007.1.21
加藤 清之 茶碗展


光玄での 伊藤 慶二 の企画展
2021.5.14〜2021.5.30
土と語る達人 加藤 清之 & 伊藤 慶二 展
— 茶碗とオブジェ —