加藤 巧 陶展

2016年3月5日から開催の「加藤 巧 陶展」の加藤 巧のDM画像
白磁 H10×W18.7×D6.6
PHOTO / 高木 茂樹
DESIGN / 牧野 明美

加藤 巧 陶展

2016年3月5日(土)〜3月13日(日)

11:00 – 18:00 [会期中無休]
作家在廊日 [3/5・6]
私のやきものの手本は地元である瀬戸の馬の目皿や
麦藁手の碗といった生活雑器、
李朝の工芸、アラビアやイッタラの
北欧プロダクト・デザインですので、
使い勝手が良くシンプルで
眺めても美しいものを作りたいと心がけています。
一方そういった日用の器作りと
背中合わせ/隣り合わせの土の表現として、
脆く、儚げで、壊れかけの、
あるいは壊れたものにひかれる気持ちがあります。
今回の展示では、毎日お使いいただきたい
カップやボウルなどの器とともに、
かろうじて器の姿であるもの、器と呼ぶには危ういもの、
でも確かに器としか言いようの無いだろうもの
幾つかを出品させていただきます。
どちらもご高覧頂けましたら幸いです。

加藤 巧 Ko Kato
1968年 愛知県瀬戸市生

2016年3月5日から開催の「加藤 巧 陶展」の加藤 巧の作品01
白磁

H10×W18.7×D6.6

2016年3月5日から開催の「加藤 巧 陶展」の加藤 巧の作品展示012016年3月5日から開催の「加藤 巧 陶展」の加藤 巧の作品展示02

光玄での 加藤 巧 の企画展
2019.12.14〜2019.12.22
酒觴 展
2018.12.15〜2018.12.24
酒觴 展
2017.12.16〜2017.12.24
新春を愉悦する 酒器
2016.3.5〜2016.3.13
加藤 巧 陶展